グローバル眼科知恵を分かち合う---グローバルチェーン?煙臺愛爾眼科病院

煙臺愛爾眼科病院は中國に名高いチェーン病院集団?愛爾眼科病院集団が投資した近代的な眼科病院である。愛爾眼科病院集団は深圳証券取引所の上場醫療機関であり、現在まで100以上の専門的な眼科病院をうまく運営した。

病院は煙臺市芝罘區南通り120號に位置している。地理位置と交通に恵まれて煙臺と威海の1000萬人にサービスする。病院は診療面積が約5000平方メートルで、64ベッドを開放する。煙臺愛爾眼科病院の醫療技術チームは王首雁教授がリーダーとする。王首雁教授は山東省眼科業界白內障手術の大家で、濱州醫學院のマスターインストラクターである。1995年から今まで、王首雁教授は既に10萬以上の白內障手術と2萬以上のエキシマレーザー近視手術をした。2010年、スイスSTARR ICL眼內レンズ移植の技術認定をもらった。山東省眼科研究所の前任委員長?山東省近視手術の第一人者?山東大學齊魯病院博士課程の指導教官李鏡海教授、山東省眼科研究所の元副委員長?山東省眼底病の権威者?青島大學付屬病院博士課程の指導教官牛膺筠教授、屈折矯正手術センター主任?3萬以上のエキシマレーザー近視手術をしたアメリカPHD胡明副院長、小児眼科専門家?若年性近視予防治療の専門家康燁副院長、総合眼病の専門家張張素珍主任、眼底専門家劉寶東主任、眼整形涙管病専門家王秀麗、以上全部の専門家達とその他のエリートから高レベルの醫療チームを作る。それから、病院は3,000萬元となる醫療機器を導入して、眼科患者のために國際的なサービスを提供する。

煙臺愛爾眼科病院は「グローバル眼科知恵を分かち合う」を理念にして発展して、世界同期の眼科醫療手術設備と眼科検査器具を導入して、近視、高度近視、白內障、眼底、糖尿病性眼疾患の治療、若年性近視の予防と治療、醫療検眼、斜視、弱視、緑內障、角膜疾患、眼の外傷、眼の整形、涙腺疾患、ドライアイの治療などを全面的に発展する。それから、北京、上海、済南、並びに他の高品質な眼科の専門家と交流して、國際基準に眼科醫療サービスを提供するために努力する。

病院は常に社會的責任と自己開発の調和を追求して、各界の人々と一緒に努力を通じて、一歩一歩、「すべての人が、貧富かどうか、目の健康への権利を享受するようになる」という理想を実現する。

王首雁

煙臺愛爾眼科病院の院長、主任醫師、濱州醫學院のマスターインストラクター、教授、國內の有名な白內障手術大家である。難病の診斷と治療が得意である。水晶體超音波乳化吸引術?エキシマレーザー近視手術?ICL眼內レンズ移植などの領域で國際的水準に達する。1995年から今まで、王首雁教授は既に10萬以上の白內障手術と2萬以上のエキシマレーザー近視手術をした。2010年、スイスSTARR ICL眼內レンズ移植の技術認定をもらった。発明した技術が國內特許を獲得し、受賞した。この技術が國內には現在広く普及している。國內外で20以上の論文を発表して、4つの國立特許を獲得した。

牛膺筠

煙臺愛爾眼科病院の名譽院長、主任醫師、教授、青島大學付屬病院博士課程の指導教官。山東省眼底病と糖尿病性眼病の権威者である。糖尿病性網膜癥、網膜硝子體疾患、眼の外傷、眼の腫瘍、眼窩疾患の診斷と治療に取り組んできる。山東省眼科研究所の元副委員長、山東省眼研究所眼底研究グループリーダー、青島市眼科學會會長や「中國眼科誌」の編集委員である。山東省科學技術進歩賞などの20以上の賞を受賞した。130以上の論文を発表し、5つ眼科のモノグラフを出版した。青島市プロの技術に傑出した人物、青島市卓越した臨床専門家を評価する。

康燁

煙臺愛爾眼科病院の副院長、副主任醫師である。山東省小児眼科、若年性近視の予防に有名な専門家である。少年近視、病的近視、斜視、弱視、先天性白內障や児童の眼瞼下垂の診斷と治療が得意である。數十のSCI論文と國家コアジャーナル論文を発表し、「間欠性外斜視手術後の両眼視力再構築の臨床研究」というテーマを司會し完成した。2009年泰山醫學院科學技術進歩賞一等賞をもらった。

胡明

煙臺愛爾眼科病院の副院長、副主任醫師、屈折矯正手術センター主任、眼科博士である。角膜屈折矯正手術、高度近視の診斷と治療、病的近視コントロールが得意である。20年間、3萬以上のエキシマレーザー近視手術をした。山東大學を卒業し、アメリカカリフォルニア大學の客員學者である。前後して國家の學術誌に10以上の論文を発表して山東省科學技術情報科學技術賞、山東省ソフトサイエンス優秀業績賞第三賞と済南市の科學技術の進歩の第三賞をもらった。

劉寶東

煙臺愛爾眼科病院眼底病科主任、副主任醫師である。濰坊醫學院の眼科修士である。硝子體網膜癥、網膜剝離、白內障、緑內障および眼の外傷などの病気が得意である。何度も解放軍総合病院、青島大學付屬病院、北京同仁病院の眼科で研修した。20以上の論文を発表し、眼科のモノグラフに參與し、眼科実用新案特許を3つ持つ。

張素珍

煙臺愛爾眼科病院白內障センター外來の主任、主任醫師、山東省総合眼病の専門家である。老人性白內障の診斷と治療、目の整形手術、ボール異物除去手術、強膜強化手術や黃斑異物締結手術、緑內障手術が得意である。何度も國家のコアジャーナルに論文を発表した。

王秀麗

眼整形涙管病科主任、副主任醫師である。北京大學醫學部を卒業した眼整形涙管病専門家である。目の整形手術、涙腺疾患、ドライアイなどの難しい病気が得意である。臨床眼科、眼科用レーザー、眼科畫像診斷などの分野で造詣が深い。涙腺疾患の低侵襲性の內視鏡用処置、目の美容整形、蛍光眼底血管造影法の検査と診斷、3D-OCT診斷、及びに眼底レーザー治療を身につけている。先進的な眼科機器を臨床と結び付けることができて、診斷と治療における豊富な経験を持っている。

崔益乾

煙臺愛爾眼科病院白內障センター醫師、眼科の修士である。白內障の臨床診斷と治療及びに眼科特別な検査と診斷に取り組んで、いろいろな眼疾患の診斷と治療の方面で実際的経験と醫學上の理論の造詣が深い。老人性白內障及びに特別な白內障の治療がえらくできる。硝子體網膜のレーザー治療も豊富な経験がある。

閆琳

煙臺愛爾眼科病院眼底病科醫師、濰坊醫學院を卒業した眼科修士である。よく知られている國內の眼底専門家?青島眼科病院の董曉光の指導の下で勉強した。眼底の診斷と治療に従事し、眼疾患の処理方面でいくつかの実踐的経験と著実な理論的基礎を持つ。